熊本北部の不動産売買市場・不動産会社の選び方|熊本市北区・合志市で不動産売却・不動産相続なら「株式会社北部エステート」へ

熊本市北区・合志市の不動産売却、不動産相続のパートナー 運営会社:株式会社北部エステート 〒861-5516 熊本県熊本市北区西梶尾町649-1

熊本市北区・合志市の不動産売却、不動産相続のパートナー 運営会社:株式会社北部エステート 〒861-5516 熊本県熊本市北区西梶尾町649-1

back

menu

不動産売却NAVI

  • 不動産業者の選び方
  • 不動産売却後の税金
  • 不動産価値を高めるリフォーム
  • 不動産売却お役立ちコラム

不動産相続ご検討中の方へ

  • 不動産相続について
  • ご本人様へ
  • 息子、娘さまへ
  • 任意売却について
  • 空き家・空き地管理について

会社について

  • 当社が選ばれる理由
  • 代表のあいさつ
  • よくあるご質問
  • 特別控除について
  • 24時間お問い合わせフォーム
  • 電話をかける

熊本北部の不動産売買市場・不動産会社の選び方

熊本北部の不動産売買市場・不動産会社の選び方

熊本北部で不動産売買をするなら

不動産は売買にまつわる金額はとても高額です。たとえば住まいはお客様にとって一生のお買い物であるという方がほとんどではないでしょうか。
それだけに、スーパーで普段買い物をするのと同じように売買するわけにはいきません。
お客様ご自身も不動産売買の市場についてできるだけご理解いただき、その中で信頼できる不動産会社をお選びいただくことが重要です。

「株式会社北部エステート」は、熊本市北区・合志市の不動産売却、不動産相続を取り扱う不動産のエキスパートです。
地元に密着した企業として、市場の動向も注意深く把握してお客様に少しでも有利な取引となるようご提案を差し上げています。
大切な資産である不動産を、私たちにおまかせください。

子育て世代必見!「熊本県合志市」の不動産売買市場

子育て世代必見!「熊本県合志市」の不動産売買市場

熊本県内で今、注目を集めている不動産スポットが「合志(こうし)市」です。
合志市は子育て支援日本一のまちづくりを目指しており、子供を持つ親たちが安心して暮らすための多様な支援制度を用意しています。
住宅購入を検討しているのは30代から40代の若い世代が中心です。

行政から支援が受けられる体制が整っていると、自分たちが子育てしやすいのはもちろん、不動産の資産価値が下落しにくいというメリットも。
もちろん当社では、合志市の不動産も多数取り扱っております。

合志市について

合志市は、熊本市の北部に位置しています。阿蘇・くまもと空港からも近く、九州縦貫自動車道 からの交通アクセスもよく、また、熊本市の中心部から合志市 のほぼ中心部まで乗り入れた私鉄「熊本電気鉄道」や国道・県 道の道路網も整備されており、2019年3月には熊本北ICも出来、利便性と共に熊本県内の中でも大変過ごしやすい市として知られ、年々人口も増加傾向にあります。

合志市について

合志市の子育て支援制度

熊本県合志市では、安心して暮らして頂く為に、支援制度が整っています。一部をご紹介致します。詳しくは合志市の公式HPでご確認ください。

⬤こども医療費助成制度

合志市こども医療費助成制度はお子さんの健全な成長や子育て支援の
ため取り組む合志市の医療費助成事業です。

合志市内に住民登録があり、健康保険に加入している0歳から中学校3年生まで(15歳到達後の3月31日まで)のお子さんが、病気やけがで健康保険が適用になる診療を受けた場合の医療費自己負担分を市が助成します。
(※平成28年(2016年)4月診療分から、対象が小学校6年生から中学校3年生までに拡大されました。)

⬤ひとり親家庭等医療費助成

離婚等により配偶者のいないひとり親家庭の母または父、およびそのいずれかの者に扶養されている児童、または父母のいない児童の医療費の自己負担分の一部を助成します。
※ただし、所得等の制限があります。
※事前に受給資格の申請が必要になります。

⬤児童手当

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方を対象に、年齢に応じて児童手当を支給しています。

3歳未満 :一律15,000円
3歳~小学校修了前 :10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 :一律10,000円

※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給。

大切な資産だからこそ~不動産会社の選び方~

不動産の取引方法について詳しく知っている人は、業者をのぞくとほとんどいないのではないでしょうか。
そのため、不動産の売買契約では一般的に不動産会社に依頼し、媒介契約を結ぶことになります。依頼先はどこでも同じなわけではありません。
この不動産会社選びが取引の成否を決めるとさえ言え、ポイントを押さえてしっかりと業者を見極めましょう。

信頼できる業者を見極めるポイント

建物の取引を行う民間業者には、免許が必要です。無免許業者を選んでしまわないよう、免許番号は必ず確認しておきましょう。
免許には国土交通大臣免許と都道府県知事免許の2種類があります。

免許を交付した行政庁には業者名簿が保管されており、無料で閲覧することが可能です。
過去の取引実績や行政処分歴がわかるので、これもできれば事前にチェックしておくことをおすすめします。
次の行政機関では、行政処分情報をインターネット上で確認可能です。

交付行政機関 対象業者
国土交通省地方整備局等
  • 各地方整備局等の管轄区域に本店が所在する、国土交通大臣免許の業者
都道府県庁
  • 各都道府県知事免許の業者
  • 各都道府県に本店が所在する国土交通大臣免許の業者
買い替えの場合は……

たとえばマイホームを売却して買い替えをお考えの方は、購入希望物件の不動産会社を選ぶとよいでしょう。
取引の進行を把握しているので、支払い時期と売却代金の受け取り時期を調整してもらえます。
売却が成立して資金が入ってこなければ、その会社の物件も売れないため、熱心に売却活動をしてもらえることが多いです。

大切な資産を安心してまかせられる業者に お問い合わせ・無料査定依頼はこちら

不動産売却NAVI

北部エステートが選ばれる5つの理由

不動産相続 ご検討中の方へ

Copyright © hokubu estate Co., Ltd All Rights Reserved.

ページトップへ

メールでのお問い合わせ